(続)スカート履きたい




家の中ではよく自分のスカートを捲り上げてスリップのレースを確かめたくなってしまいます。
こういう女性がもういなくなってしまったんだろうと一人自演しています。こんなに美しくときめきを感じるものを着ないことがあり得ないといつまでも思い続けております。
スポンサーサイト

コメント

ときめき

黒のタイトスカートから見える純白のスリップのレース、今ではまったく想定されないことですよね。白と黒のコントラスト、最高です。私が、いまこんな光景に遭遇したら、興奮の極みに達するのではないかと思います。でも、女性がスリップを着けていた時代は、これほどではないにしても、スリチラは普通のことだったのですよね。

思春期真っ盛りのとき、音楽の先生は、白のブラウスに黒のタイトスカート姿、椅子に座ってピアノを弾くときにスカートの裾が上がって、スリップのレースがのぞき、またパンティのラインまで浮かび、さらにブラジャーが透けて見え、音楽の授業どころではなかったことを思い出しました。
ちはるさん 男心をときめかせる一枚、ありがとうございます。

Re: ときめき

薫さん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね、スリップを当たり前に着けていた時代ではスリチラは日常茶飯事だったかと思います。私もそこまで頻繁には出くわしませんでしたが、スリチラは結構覚えております。

音楽の先生のお話・・・
うんうん、そんな光景を見てしまったら授業どころではありませんよね(笑) 大人の女性というのを教わる授業にすげ変わってしまいます。
スカートの下はこうであって欲しい、いつまでもそう思いますね★

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)